読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっとラクにできたのに

アプリケーションを開発する過程で、作った後になってから「もっとラクにできたのに」という点を書き記していく所 魅了屋という零細デベロッパーが書くよ


↑広告

続・ちょいとしたチャレンジをしてみたかったんだ

 リジェクトを喰らった

moreeasily.hatenablog.com

 

以前見事にリジェクトを喰らったこのアプリ。本来であればこれでお蔵入りのはずだった。しかし、広告の設定をしてくれた広告配信会社の中の人たちの労力の事を考えると、このままお蔵入りにするのは申し訳ないという気持ちが芽生えてきた。少しばかし考え、覚悟を決めた。

 

「やはりこのアプリをストアに配信しよう」

 

・変更点

と言ってもこのままでは審査を通過するわけがない。改良が必要だ。具体的には以下の点を改良した。

  •  積上ボタンを3種類用意。
  •  以前は百段積上げないとTweet出来なかったが、そうでなくても結果をTweetできるようにした
  •  積上げた石の総数をタイトル画面に表示させた

 

多少なりとも便利になったと思う。これでアプリを提出して審査を待とう。

 

・しかし次の日

f:id:waspossible:20170125161239p:plain

リジェクト、リジェクト、リジェクトである(写真は使い回し)。今回は役に立たないとか有用性が無いという理由では無い。リジェクト理由を読む(実際はGoogle翻訳に入れてから読む)と、機内モードで何かしら問題が発生したようだ。コワーキングスペースに出勤して更に原因を調査すると、機内モード時にアプリを起動し、一定の時間が経過するとアプリがクラッシュすると事が分かった。過去に作った物や、ネット検索を駆使して問題の原因を探るが、中々解決策が思い付かない。どうすればいいんだ。

 

・問題はひらめきで解決した。

 

「広告が悪さしてんじゃないの?」

 

具体的には、機内モード、つまりインターネットに接続されていない状態で広告のデーターを読み込もうとし、タイムアウトしてクラッシュするのではないかという仮説を組み立てた。ネット検索などを駆使し、インターネットに接続されていない状態では広告を読み込まないようにコードを書き換えた。すると、アプリはクラッシュしなくなった。ついでに、インターネットに接続されていない状態では、Tweetボタンを表示しないようにした。これも少し工夫をして実装した。結果は良好だった。

 

これで審査に出せる。早速審査提出を済ませた。結果を待つだけである。ちなみにだが、提出した後にまた不具合を見つけたが、ゲームには大きな影響が無いと判断して、次回のアップデート時に解決する事にしたのは別の話である。

 

2017/02/03追記

完結編、アップしました。こちらも良かったらどうぞ。

moreeasily.hatenablog.com