もっとラクにできたのに

アプリケーションを開発する過程で、作った後になってから「もっとラクにできたのに」という点を書き記していく所 魅了屋という零細デベロッパーが書くよ https://www.miryoya.com


↑広告

アプリ「Quinton」を遊んでいただいている皆様へ、そして魅了屋に興味を持っていただいた全ての方へ。

こんばんは、魅了屋でございます。

 

本日は皆様にお伝えしなければいけないことが出来てしまったので、この場を借りて連絡いたします。

 

今年2月6日にリリースした「Quinton」ですが、今後のアップデートがほぼ不可能になりました。

 

理由と原因(のはず)

このアプリは、Unityというソフトを使用して作成しております。Unityで作成されたアプリのファイル構成(以下、プロジェクト内ファイル)には、フォルダにも、ファイルにも「.meta」というファイルが作成されます。詳しくはこちらのリンクに説明が掲載されているので、お読みください。

 

で、このmetaファイルが壊れると、いわゆるプロジェクトが壊れたという状態になります。簡単に言うと正常に動かなくなるということです。

 

ここで過去作、「PastimeHint」のフォルダ構成をご覧ください。

f:id:waspossible:20180221183515p:plain

 

metaファイル、ありますよね。では今日、正常に動かなくなったQuintonのファイル構成をご覧ください。

 

f:id:waspossible:20180221183117p:plain

どこ探してもきれいさっぱり無いんだよ

クソボンクラが!!

何故消えたのか、さっぱり原因が分かりません。思い当たる節も無く、何となくUnityの挙動がいつもと違う気がすると思いました。とあるAssetを入れたのが原因なのか、某アンチなウイルス先生の暴走なのか、今は真実は闇の中です。

この影響により、今後のロードマップとして考えていた多言語化対応、元々搭載しているmBaasを利用したランキング機能などの設定が出来なくなりました。全ての予定が狂うどころが音を立てて爆発四散しました。もう終わりです。

 

バックアップを本来は取るべきだったのですが、貧乏デベロッパーにはそのための資金はありません。このQuintonも、バックアップ体勢を構築するためなどの資金捻出のために作ったものでした。でもここでこのようなことになるとは想定外でした。自分が悪いと言えばそれまでなのですが、仕方ないです。

 

今後

ショック過ぎてアプリを今後作るか分かりません。何とか対応策を考えなければいけないのですが、そんな気力はありません。まだ自暴自棄になる前に、ご報告をした方がよいと思ってこの記事を書いておりますが、アップした後に精神の安定を保てる自信はございません。申し訳ないです。とりえあず明日バイト休みたい(行くと思うけど)

 

駆け足ではありますが、とりあえずの区切りとして、今まで魅了屋のアプリに触れたり関わったりした全ての方に厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。またふらっと戻ってきた時は、温かく迎えていただけると幸いです。そんな日が来るかは分かりませんが。やっぱり俺の人生ってクソゲーだね☆

 

魅了屋