読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっとラクにできたのに

アプリケーションを開発する過程で、作った後になってから「もっとラクにできたのに」という点を書き記していく所 魅了屋という零細デベロッパーが書くよ


↑広告

技術Blogっぽそうでそうでない内容を今日は書く

スマ検というのがある。

spkentei.jp

リンクを開くのも面倒臭いという人に説明すると、スマートフォン向けアプリの開発レベルが計れるものらしい。Swift、Unity、Androidと、開発した事があるプラットフォームを選択して問題に答えると、点数や正答率などが分かる物である。JavaOracleの試験でポチポチと選択肢を選ぶのを想像してもらえれば分かりやすいだろうか(但し記述問題もある)。

 

相変わらず開発する気力が出てこないので、現実逃避と自分のスキルを測る意味で受けてみようと思った。勿論選択するのはSwiftである。しかし一問目から分からない問題が出てきた。仕方ないので飛ばして次の問題を答える。これは分かる。こんなことを150問分繰り返したのだが、文句を言いたい事がある。ページの読み込みが上手くいかず、選択肢が選択出来なかったり、回答確定ボタンが押せなかったりした。これは混んでいるWifi回線を使ってネット接続をしているからだろうなと納得した。それともう一つ。空欄に入るコードを書けまたは選べという問題で空欄が無い。どこやねん。Swiftのスキルを測るのか、見えない物を見ようとするエスパースキルを測るのか分からなくなった。そしてこのような繰り返し作業は飽きる。正直最後の10問くらいは考える力が残っていなかった。会社員時代に試験を受けさせられた時と何ら進化していないのが悲しい所である。

 

結果は正答率46%。60%を目指していたので、これは低いなと思ったが、全国平均が28%と出ており、これは正確な物なのか分からなくなった。全国平均より上と言うプライドと自信を持って開発が出来るのかは誰も分からない。とりあえずJavaOracleの試験を受けさせられて惨敗だった頃の記憶がフラッシュバックして発狂しなかったのが成長の証だろうか。先ほど何ら進化していないと書いたけど、進化してるじゃないかと思った貴方。普通の人は発狂しない。あれからJavaOracleのコードを見ると殺意が湧くんだよなぁ・・・。

 

近々IPAの試験の募集が始まる。自ら進んで受験すると言う人は出願を忘れないように。会社から強制的に受験させられるという人はお気の毒様。私は受験する予定は無いが、どういう理由であれ受験すると言う人が一人でも多く合格出来れば幸いである。もうIPAといえばインディアン・ペール・エールという苦いビールしか連想したくない(但し医者に酒は止められているから飲めない)おっさんのささやかな今日の出来事である。

 

コワーキングスペースから、もう帰ろうとしている15時前

 

2017/02/13追記

スマ検サービス終了するってよー!!

spkentei.jp