読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっとラクにできたのに

アプリケーションを開発する過程で、作った後になってから「もっとラクにできたのに」という点を書き記していく所 魅了屋という零細デベロッパーが書くよ


↑広告

縦向きディスプレイは意外と便利だったと言う話

完成形だと思っていた 

moreeasily.hatenablog.com

 

この記事にもある通り、モバイル液晶モニタを使って、出先での開発をより便利にしようと言う企み。MacBookProにモバイル液晶モニタを横にしてセッティングすれば、それはもう便利便利うっはうっはうっはっは、というはずだった。

 

しかし、お世話になっているコワーキングスペースの机の幅は思ったより狭かった。モバイル液晶モニタを横に置くには幅が無い。仮に置いたとしてもMacBookProが端に寄ってしまってキーボードやトラックパッドの操作がしづらい。出来なくは無いが、多分続けていると骨格がゆがむ。根性がひん曲がっているのにこれ以上曲がっている物が増えても生きていく上では大変である(処世術及び治療費的な意味で)。

 

さてどうしようと思ったが、縦向きにしてみたらどだろうと考えてみた。考えたからには即実行がポリシーである(簡単な物だけ)。やってみた。MacBookProにXcode、モバイル液晶モニタにはブラウザを表示させる。いや、見くびっていた。便利すぎる。一画面だったらXcodeとブラウザをいちいち切り替える必要があるが、二画面だとその必要は無い。更に、縦向きにする事により、ブラウザのスクロールの回数が減るし、一画面で多くの情報を目にする事が出来る。たまにモニタを縦向きにして開発をしている光景をテレビで観たりした事はあったが、理由はこういうことだったのかと感心した。目から鱗と言うべきか。コロンブスの卵的な発想というのか。とにかく凄い、凄いのだ。ベリーベリー凄いのだ。これでブラウザでプログラミングの分からない所を調べて参考にしながらコードを打つと言う事が可能になるのだ。何か学習サイトの講義ビデオを観ながらコードを打つ事も出来る。Kindleアプリで参考書を表示させながらコードを打つ事も出来る。やっぱりベリーベリー凄い。WhiteBerryBerryz工房、支払いは任せろ!ベリベリーである(veryで統一しろよ)。

 

ひとまずコワーキングスペースでの開発スタイルはこれで確定しただろう。さぁ開発だ。さぁ仕事だ。さぁ力の見せ所だ。あとはやるだけだ。風向きはこちらに来ているのだ。チャンスは今だ。

 

ちなみに、縦向きのモバイル液晶モニタにブラウザを映してこの文章を書いているが、首が右に向いたままだったので、若干首がツライ。やはり物事には少なからず弱点と言う物があるのだな。あとこの文章を書くまでに、実際縦向きのモニタで表示させて利用したのはTwitterのTL、Yahooファイナンスポートフォリオである事をお伝えしたい。実際コード書いたりして利用してないじゃねぇかと思われるかも知れないが、しなくても想像しただけでウキウキする事もあるじゃん!

 

何とかやる気を出したい午前11時前

 

2017/1/26追記

現場を再現してみた

f:id:waspossible:20170126101438j:plain

実際便利。

一時は諦めなければならなかった

これに行きたい

www.tryswift.co

 

Swiftという開発言語のカンファレンスが東京で行われる。滅多に無い(と言っても去年もやってた)機会なので是非とも参加したい。プログラムを読んでみると、表題だけで興味を魅かれるものもある。行きたい。とにかく行きたい。

 

しかしこれには参加費がかかる。スーパー早割りというものは既に終了していた。しかしSwift早割りと言うのがある。これも割引率は低くなるものの、お得に参加出来るのである。だが、お得といってもトータルで308.49ドル(税込み)。約35000円である。去年の収益が1000円にも満たない弱小デベロッパーにはキツイ額である。ここ数日ドル円が円高に進んでいるとはいえ、結構な出費になる。

 

じゃぁどう稼ぐか。何故か競馬に走ってしまった。Swiftにちなんで三連単で3-12-10(す・いふ・と)と買ってみたりもした。全滅だった。バカだ。その金を参加費の足しにした方がよかった。バカだバカだバカだと自分を呪いつつ、昨日寝た。Swift早割りの締切は昨日いっぱいだ。諦めなければいけないと落ち込みつつ、眠りについた。

 

そして今日、5時に起きた。しかし気分の落ち込みや後悔の念が強く、もやもやした気持ちを抱いたまま今日を過ごさなければいけないのかと思うと絶望しかなかった。しばらくして、いつの間にか寝ていた。次に起きたのは11時半頃だった。もうずっと寝て過ごすつもりであったが、母に起きろと言われて無理矢理起きた。コワーキングスペースにも行きそびれた。もうダメだ。今日は終わりだ、全て終わりだ、と思った。せめてしっかり諦めをつけようと思い。trySwiftのページを覗いてみた。Swift早割りが締め切られている画面を見て、自分の行いを反省をするつもりであった。しかしここで意外な事が起きる。Swift早割りの締切がもう一日延びていた。まだチャンスはあったのだ。何とか用意しなければ。そこで自分持っている証券会社の口座を見てみた。ある株の値段が上がっていた。一部を売れば参加費を賄えるだけの上がり具合だった。すぐに一部を利確し、証券口座から自分のメインバンクの口座に移す。そしてtrySwiftの申込を済ます。よかった。無事に予約出来た。ありがとう、ありがとう。ありがとう。

 

このチャンスをフイにしない為に、健康管理などをしっかりしよう、Swiftをより勉強しよう、そしてギャンブルは余裕のある人間の遊びなのだと肝に銘じよう。そう思った。思ったじゃない。そうしろ。

 

ちなみに、決済通知のメールで知ったのだが、参加費は日本円に直すと36830円だった。35000円台で済むと思っていたのだが、手数料の事を完全に忘れていた。バカは死ななきゃ直らないという言葉があるが、今までの行いも含めると、バカは死んでも直らないし永遠に続くとういのが事実ではなかろうか。

更に快適を目指す

便利だと思った・・・しかし・・・

 

 

f:id:waspossible:20170113202310j:plain

付属のカバーがスタンド代わりになるのだが、いかんせん場所を取る。幅約80cmの机のコワーキングスペースではかなり致命的なのだ。

 

というわけで道具で解決

Anker® タブレット用スタンド 角度調整可能 iPad・iPad mini・Nexus 7等に最適

Anker® タブレット用スタンド 角度調整可能 iPad・iPad mini・Nexus 7等に最適

 

 

f:id:waspossible:20170113202653j:plain

f:id:waspossible:20170113202724j:plain

意外とズッシリ。

 

f:id:waspossible:20170113202808j:plain

ててーん!!(俺が写っているけど気にしない)

 

これでコワーキングスペースでスマートな開発ライフが送れる!その前にちゃんとやる気用意してねって話ではあるんだけど。

私の不注意のせいで

買って3日のMacBookProが傷だらけに

f:id:waspossible:20170113105802j:plain

 

傷アップ

f:id:waspossible:20170113105858j:plain

 

買って3日で傷だらけにしてしまった。採れて3日以内の卵もマヨネーズにされてしまう昨今、3日というのは最近の鬼門のブームなのかもしれない。早急に対策を練らねばいけない。

 

f:id:waspossible:20170113110152j:plain

 

 

f:id:waspossible:20170113110232j:plain

何か小さいのも付いてる。お得。

 

f:id:waspossible:20170113110440j:plain

勿論入る。これ以上傷を増やす事も無いだろう。

 

f:id:waspossible:20170113110536j:plain

小さい方には電源アダプタを入れる。

 

f:id:waspossible:20170113110629j:plain

入った。短いケーブルだったらあと数本入るかもしれない。

 

これで安心して持ち運び出来ると、心穏やかになった吉宗であった・・・。

 

 

 

ちなみに・・・

今回の事故の被疑者

f:id:waspossible:20170113110827j:plain

名刺入れやペン、定規などを纏めて入れている袋。フックとかの金属部がこすれて出来た傷だと思われる。敵は身内にいた(お前の不注意だろ)。

技術Blogっぽそうでそうでない内容を今日は書く

スマ検というのがある。

spkentei.jp

リンクを開くのも面倒臭いという人に説明すると、スマートフォン向けアプリの開発レベルが計れるものらしい。Swift、Unity、Androidと、開発した事があるプラットフォームを選択して問題に答えると、点数や正答率などが分かる物である。JavaOracleの試験でポチポチと選択肢を選ぶのを想像してもらえれば分かりやすいだろうか(但し記述問題もある)。

 

相変わらず開発する気力が出てこないので、現実逃避と自分のスキルを測る意味で受けてみようと思った。勿論選択するのはSwiftである。しかし一問目から分からない問題が出てきた。仕方ないので飛ばして次の問題を答える。これは分かる。こんなことを150問分繰り返したのだが、文句を言いたい事がある。ページの読み込みが上手くいかず、選択肢が選択出来なかったり、回答確定ボタンが押せなかったりした。これは混んでいるWifi回線を使ってネット接続をしているからだろうなと納得した。それともう一つ。空欄に入るコードを書けまたは選べという問題で空欄が無い。どこやねん。Swiftのスキルを測るのか、見えない物を見ようとするエスパースキルを測るのか分からなくなった。そしてこのような繰り返し作業は飽きる。正直最後の10問くらいは考える力が残っていなかった。会社員時代に試験を受けさせられた時と何ら進化していないのが悲しい所である。

 

結果は正答率46%。60%を目指していたので、これは低いなと思ったが、全国平均が28%と出ており、これは正確な物なのか分からなくなった。全国平均より上と言うプライドと自信を持って開発が出来るのかは誰も分からない。とりあえずJavaOracleの試験を受けさせられて惨敗だった頃の記憶がフラッシュバックして発狂しなかったのが成長の証だろうか。先ほど何ら進化していないと書いたけど、進化してるじゃないかと思った貴方。普通の人は発狂しない。あれからJavaOracleのコードを見ると殺意が湧くんだよなぁ・・・。

 

近々IPAの試験の募集が始まる。自ら進んで受験すると言う人は出願を忘れないように。会社から強制的に受験させられるという人はお気の毒様。私は受験する予定は無いが、どういう理由であれ受験すると言う人が一人でも多く合格出来れば幸いである。もうIPAといえばインディアン・ペール・エールという苦いビールしか連想したくない(但し医者に酒は止められているから飲めない)おっさんのささやかな今日の出来事である。

 

コワーキングスペースから、もう帰ろうとしている15時前

 

2017/02/13追記

スマ検サービス終了するってよー!!

spkentei.jp

技術Blogっぽい事が書けないので、最近の出来事を書いてお茶を濁すよ

 

売れなきゃ死・あるのみ 

と思っていた2017年。一年の計は元旦にありという言葉もある通り、初日の出を拝み、さぁ頑張るぞと意気込んだ。開発の前に、父方の実家へ挨拶へ行った。しかし事態はおかしな方向へ進んでいく。午後から体調が悪くなり、1/1の夜に39.2℃の高熱を出した。次の日から微熱になったが、体調の悪さと倦怠感が酷く、開発に力を注ぐ事など不可能であった。初売りも初詣でも自粛した正月三が日であった。かと言って1/4の仕事始めに体調が整うわけでもなく、内科の仕事始めを待ちながら微熱と倦怠感のコンビと戦っていた。

 

1/6に仕事始めの内科を受診した。「何かよくわからないけど細菌に感染している」と言われ、併発していた口内炎の塗り薬と、倦怠感が取れるであろう漢方薬を処方してもらった。人に感染するとは言われなかっただけ良かったと思う事にした。午後からはマスクをして初詣へ行く事が出来た。「アプリ売れたい、宝くじ当たって欲しい。その代わり禁酒続けるからお願い!」とお願いした。ただし、作法を間違えて一礼二拍手一礼をしてしまった人間の願いを叶えてくれるかは分からない。一応すぐに間違いに気付いて謝罪をしてからお願い事をしたが、許してくれるかどうかは今後の頑張り次第なんだろうなぁと思った。おみくじも引いた。結果は大吉だった。引く時に「今年一年どうなりますか!?」と念じて引いたのだが、おみくじは今現在の状況はどうなのかというのを知るものらしい(何かで聞いた)。ということは、後は悪い方悪い方に下る一方という事か。キツイ。または1/1の高熱は場合によっては死んでたよという事か。もしくは一礼二拍手一礼が癪に触ったのか。どの選択肢にしてもキツイ。キツイよおっ母さん。

 

1/8はMacを新調した。かなり高い買い物だったので、ローンで購入しようと思ってAppleStoreへ行った。簡単な審査があるのだが、それに落ちた。理由は収入が無いからとの事だった。ちなみに去年リリースしたアプリ「Blowser」の去年の収益は372円だった。万は付かない。結局会社用のクレジットカードを使って一括で購入した。本来新しい物が手に入ると嬉しいのだが、後から来る請求が怖くて怖くて仕方がない。会社の口座には二十数万、買ったMacは三十三万(AppleCare含む)。貯金を切り崩して会社の口座にお金を入れる必要がある。キツイ。

 

お金が無いのに何故Macを買ったのか、バカなのかという意見もあるかもしれない。というか間違いなくある!しかし、使っている(使っていた)のはMacBookAir 11inchの2011年モデル。XcodeSafariを起動するだけでファンが唸りを上げる。今年から事務所を畳み、コワーキングスペースという他人がいる環境でこれでは迷惑千万である。うるせえぞと怒られ、無料で飲めるコーヒーをMacにぶちまけられて天命を全うするより、トラブルを回避するために処理能力が高くてファンも静かなMacにした方が良いだろうという判断である。

 

そして1/10、Macも新調し、体調も治り、新たな気持ちで開発をするぞと思っていた。六時前に目が覚めた。さぁ身体を起こすぞと思った途端、目の前が暗くなった。次の瞬間、九時前だった。しかし一日は始まったばかりだ。医者から処方された漢方薬をお湯に溶かして飲み、歯を磨いてヒゲを剃って家を出る。コワーキングスペースには十時半に着いた。ポータブル液晶モニタとMacをセットしたが、使いづらい。一旦ポータブル液晶モニタには引き下がって貰う。Xcodeを起動してさぁ、開発だ!!

 

しかし思い出せない。去年12/20前後までやる気充分で開発していたのだが、年末年始に金が無い不安に襲われて手が動かなくなり、そのまま年を越した影響により、何をしなければいけないのかが分からなくなっていた。とりあえずiOSシュミレーターを起動して、どこまで完成しているのかを思い出そうとする。段々分かってくるが、やる気が出ない。「次何をすれば良いか分からない」+「金策を練らなきゃいけないし金無いしで不安だ気になる動けない」が同時に発生している。IT業界に身を置いた人風に例えるとデッドロック状態と言う所か(多分微妙に違う)。

 

2017年は出遅れ、Mac購入というカンフル剤、兼、あえて尻に火をつけて奮起を促そうとした。しかし今のところは最初に書いた「売れなきゃ死・あるのみ」という言葉より、「売れる前に死」という言葉がふさわしいのかもしれない。有名画家ゴッホは彼が亡くなった後に評価されたという。しかし自分の場合は死の後に評価されるどころか、Appleが「ここ数年アップデートが無い」という理由でストアからアプリを消されて終わるという未来が、うっすらではなく色濃く鮮明に、自分の頭の中で想像出来てしまうのが悲しい所である。

 

2017年は始まったばかりだが、アプリが完成へ近づいていくのではなく、冥土への距離が加速して近くなるという事にならない様、あがいていこうと思う。

 

というわけで今年も一年お世話になります。よろしくお願いいたします。アプリガンガン使って!!

 

魅了屋

私がアプリ開発者になった経緯

流行っているのと、今年中に間に合わせたいから、超殴り書きですまない。

 

とにかく小さい頃から「人を驚かせたい、楽しませたい」という考えは一貫しておりました。絵が下手なのに漫画家を目指したり、はがき職人みたいな事をしてみたり、放送作家を目指したり、と。

 

大学時代から情報学部でプログラミングを学んだのが、今現在を作っているのかなと思います。そのまま社会人となりました。職業はSIerです。

 

しかし、色々あってうつ病で休職と復職を繰り返し、2015年の1月で解雇され、新たな会社を探したのですが見つかりませんでした。この辺りで、新たな会社に就くのか、別の職種に就くのか、独立するか迷う日々が始まりました。

 

迷いに迷って2015年の12月、通っていたコワーキングスペースのスタッフさんに「プログラミング出来てアプリのアイディアがあるのなら独立してもいいんじゃないですか?」と言われ、覚悟を決めて独立するかと思い、2016年1月4日に開業届を出しました。「魅了屋 職業、アプリ開発者」が誕生した瞬間でした。

 

ここから紆余曲折を経て、Blowserが誕生したのは、ここから少し先の話である。

 

また改めて詳しく書きますが、今年はこの辺で!時間が無い!!

おわり