もっとラクにできたのに

アプリケーションを開発する過程で、作った後になってから「もっとラクにできたのに」という点を書き記していく所 魅了屋という零細デベロッパーが書くよ https://www.miryoya.com


↑広告

魅了屋のロゴが新しくなった話

どうもこんにちは、魅了屋の中の人です。皆さん2020年はどのような滑り出しだったのでしょうか?私は新年早々とある大きな事件に関わる可能性があったことが発覚してゾワっとしました(まだ法律的な意味で話せない)

 

さて、魅了屋として活動をし、どれくらいの年月が経過したのかなと思いして、調べてみました。自分の記憶よりAppStoreConnectの記録を信じる私でございます。

 

記録によると、2013年8月21日に最初のアプリ、BlinkClockがリリースされました。え、8年目なの???と驚くのと同時に、何という体たらくだと思いました。だって総ダウンロード数約18,000だけど定着率という点ではインストール後すぐに削除されているような気がして、なかなか難しいなと8年目を迎えても同じ気持ちです。ほら、初心を持ち続けることって大切じゃん(その初心は捨てろ)。

 

で、今年はやりたいことがたくさんありまして、アプリは例年通り控えめにしようと思っておりましたが、ある方から新年にTwitterからこんな返信が来ました。

f:id:waspossible:20200209152849p:plain

反応があるということは嬉しいこと


アプリ開発も頑張って欲しいというお言葉でした。うん、そうだよな、代表作 これといって無し状態だしねぇ。あとせっかくFlutterも覚えているし、使わない手はないよねぇ。それとATNDに代わる何かを作れとか無茶振りも来てるし。

 

今年は何かが違うというのを見せたいのですが、如何せん今作っているアプリも30~40%の出来といったところなので、すぐに見せることは出来ないです。さてどうしよう。

 

と思っていた最近、名刺のストックが切れたことに気づきました。100枚刷っていたのですが非常に長持ちしました いろんな意味で。何かを変えたい、そして名刺もきれた。どうしよう、どうしよう、どうしよう・・・。

 

そうだ、魅了屋のロゴを変えよう。

 

f:id:waspossible:20200209153937p:plain

長い付き合いだぜ・・・

このロゴもシンプルかつ自分で作ったものだったので思い入れはあるんですが、いかんせん地味だ。あと魅了屋の立ち上げの理念、「少しでもアプリを触れている間は辛いことを忘れられるようになって欲しい」が全く伝わらないしねぇ。

 

というわけで新しいロゴをちょっとお金払って作りました。こちらです。

f:id:waspossible:20200209154457p:plain

新ロゴだよ

アプリを作成する人だよということで、上部にはまだ見ぬアプリのアイコンをイメージしております。それと下部にはキャッチフレーズも加えました。先ほど説明したコンセプトも良いと思ったのですが、そのコンセプトの過程を細分化してこうなって欲しいという願いを加えた結果「さわる たのしむ こころひかれる」という形になりました。まず触ってもらって楽しんでもらう、そこから魅了屋の他のアプリや他の方の作ったアプリ、そして開発に関わる人たちに惹かれて欲しい興味を持って欲しいという願いが込められております。

 

カラーはピンクっぽく見えますが、紫を採用しました。紫には想像力を掻き立てる、緊張や不安を和らげる、心の回復を促すという効果があるそうです。これで魅了屋の初期コンセプトを活かしつつ、新しくするということが可能になりました。

 

名刺もこのロゴが印刷されたものを作成しました。ちょっと派手かもしれませんが、印象に残らなければ意味がないと思い切って発注しました。実物はまだ届いていませんので、届くのが非常に楽しみです。

 

というわけで、新しい魅了屋にそこそこご期待ください〜。

 

あ、忘れてたけど告知です。

2020/02/21(金)19時より、yokohama.unity #2が開催されますが、そこで登壇します!

meetup.unity3d.jp

LTの敷居を思い切り下げるために手を挙げました。ガッツリUnityの話ではなく、「Unityととあるアプリケーションを組み合わせて〇〇をする」という内容で話をする予定です。FlutterMeetUp#3以来のLTです、横浜でこういったコミュニティが出来るのは非常に嬉しいですし、自分の話でその盛り上がりを加速させられるようだったらぜひ貢献させて欲しいと思っております。まだ一般参加枠、LT枠、Unity作品の展示が出来る作品展示枠に空きがあります。ぜひご検討ください!お暇なら来てよね!

チーム分けアプリ「bibs」をリリースしました。

どうもどうも、年末のお忙しい中ちょいと失礼いたします。

 

実は12/29にアプリ、「bibs(ビブス)」をリリースしました!

iOS

bibs

bibs

  • Hiroyasu Hirai
  • Utilities
  • $0.99

apps.apple.com

 

Android

play.google.com

 

魅了屋のWebサイト

www.miryoya.com

 

【事の発端】

なぜこのアプリを作ろうと思ったかをお話しします。アプリ開発者が集まって定期的にボウリングイベントをやっていたのですが、その時に時間が掛かってしまう事があります。そう、誰をどのレーンに配置するかというチーム分けです。

 

いろいろと気を使いながら誰をどこにする、彼をここにすると決めるのに時間がかかり、実際にボウリングを楽しむ時間やその後の飲み会まで時間に響いてしまう事がありました。人数が多ければ多いほどこの問題の影響は大きくなります。

 

最初は某グラサンの参加者の方は、私ではない別の方に「組み分けアプリを作れ」と指令を送っていたのですが、多忙&2ヶ月に一回開催なので忘れているという事でなかなか実現に向かっていっておりませんでした。

 

そこで私が代替案として、竹串に色を塗ったクジを持っていったらまぁ喜ばれました。しかし同時に「やっぱアプリ作らないとダメだなぁ」と思いつつ、トライしました。それが今年の7月。9月開催には間に合わなかったのですが、11月開催でプロトタイプ、12月の練習会でほぼ製品版を作り上げ、今回のリリースに至りました。

 

【使った技術】

はい、前々から言っているFlutterです。

flutter.dev

元々Flutterを触っており、何かFlutterでアプリを作ってリリースしたいなぁと思っていました。おまけにチーム分けアプリの構想もあるのでこちらを採用しました。一つのコードでiOSAndroidどちらにも対応してくれるので非常に楽でした。その他足りない機能はPackages(UnityでいうところのAssets)で補ったりと、いろいろと助けてもらいました。いうかあのアプリまんまAndroidアプリっぽいけどよくiOSの審査通ったなw

 

【価格】

はい、今回は敢えて有料、120円で出しております。広告マネタイズや、機能を制限し、アプリ内課金で制限解除という方法も考えたのですが、シンプルにしました。

Flutterの場合ですと、使える広告サービスってAdmobしか選択肢が無いのと、アプリ内課金の設定等のコードを書ける自信が無いというのが理由です。

 

【隠れた機能】

何気にiOSのダークモードに対応していたり、アニメーションを一部で使っていたりと、自分にとって挑戦的なことはしたつもりです。実際の画面は買ってインストールして確かめてみてね⭐︎

 

【さいごに】

今年はなんとかリリース0の年を回避いたしました。年末年始、遊び事でチーム分けをするときに大いなる活躍をしてくれるはずです。何卒よろしくお願いいたします!!そして今年も一年ありがとうございました、来年もご贔屓に!!!!

アプリ開発者界隈にスポットを当てたラジオをやりたい

ちょいと前にこんなツイートをして反応を見てみました。このエントリーのタイトルのように、アプリ開発者界隈にスポットを当てた、ラジオっぽいラジオをやりたいと思いついたんです。まぁぼちぼちと企画書を書いてたんですが、こんな事が起こりました。

 

 

まぁ別の人が立ち上げたんだよね。それも第一回放送が明日だと。超大御所room6さんが全面協力だそうで。こりゃ勝ち目ねぇ〜。

 

信条として誰も座っていないイスに座りたい想いが第一という私なので、まぁやる気が空気の抜けていく風船のごとく萎んていったわけであります。で、ちょっと愚痴ったらサングラスで有名な方から「やってみればいいんじゃない?」と言われたので、途中だった企画書作りを続けました。

 

で、出来たわけなんですがどうやって発表すれば良いか。Googleプレゼンテーションで作成したので、一番良いのはSlideShareとかにアップロードするのが良いのでしょうが、自分の喋りも含めて説明もしたい。ラジオやるんだったらプレゼン音声も含めて声を乗せてアップロードしようかとも考えました。でも編集とか面倒くさいし、まずマイクがないw。どうしよう。

 

仕方ないので、プレゼン資料の画像とともに、文字起こしのような雰囲気でここに書こうと思います。

 

御用とお急ぎでない方は読んでいただき、コメントなどでご意見を頂けますと嬉しいです。

ではよろしくお願いいたします。

続きを読む

節目を迎えました けど・・・

f:id:waspossible:20190317163055p:plain

魅了屋のアプリケーションが、累計1万ダウンロードを達成いたしまた。ひとえに、皆様の応援がありましたから、ここまでの数字を刻む事が出来ました。

 

これからも魅了屋のアプリケーションをよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

 

おめでたい話題だし、明るくしたいけど以下、愚痴。

 

アプリ制作頑張りたいんだけど・・・まぁ、うん、一日のリズムが悪くなっているんだよね。会社から帰ってきたらもう疲れている。手軽に開発出来る環境をと思って色々と工夫をしようとしても、そもそもMac miniの動きが重いという(core i7といっても買ったの5年半前)。新しいデスクトップマシンを買う金も無いしねぇ。MBPを広げる場所?今無いんだよ!

 

色々な物、時間だったりモチベーションだったり、作業環境などを奪われている状態でなかなか進捗を上げられないという苦しい状態が続いております。でも何とかしたと思って再びの一人暮らしを計画して打開策を見出すも潰されるというクソみたいな展開。

 

次の節目まで相当時間が掛かるかもね。

ウソ、今年一回も書いてないの!!?????!!!!???!?!

平謝りするしかありません。

 

どうも、魅了屋です。

Quinton出して一年以上経っちゃったね。おじさんは会社で総務担当にジョブチェンジしてからコードを書いてない日を積み重ねているよ。でも仕事でコードを書くよりも、魅了屋としてコード書く方が自分のレベルにあっている気がするんだ。だからこれでいいんだ。

 

と思いつつも、「何か出したい」と考え、頓挫し、またトライし、頓挫し、をちまちまと繰り返していました。そんな時にこれを見たのです。

 

flutter.dev

 

英語だ、読めない!! ではなく、Google翻訳で何とか意味を汲み取ると、5KB以内の.dartファイルで何か面白い物を作れという事らしいです。最優秀賞の商品はフルカスタマイズのiMacProだそうな。 うん、欲しい!!

しかしちょっと調べてみると5KB以内と言う制限はかなり厳しいです。でも出来る人は出来るんだろうなぁ。ワイもやってみたいなぁ。

とりあえず考えてみて、出来そうなら出来たって言おう!出来なきゃ無かった事にすればいいし。

それと、Flutter製アプリ、何とか時間を作り出して制作を進められるようにしますので、首を長くしてお待ち頂けますと幸いです。でも首を長くして待ってて、ろくろっ首みたいに首が戻らなくなった時の保証は出来ませんのであしからず。

 

あじ

首が戻らなくなるくらい2018年を振り返ってみる

タイトルの割に中身はない!!

 

というわけで、魅了屋のあじゃでございます。

2018年、あっという間でした。「あっ」と発するために口を開きかけたところで2018年が終わる。そんな感じ(?)です。

 

今回は、様々な面から2018年を振り返ってみようと思います。

 

アプリ

今年はこれらのアプリをリリースしました!

 Quinton

Quinton

Quinton

  • Hiroyasu Hirai
  • ゲーム
  • 無料

 

play.google.com

 

この子はアップデートしようしたら、データが一部飛んで復旧不可能になりかけたんですよねぇ。

 

moreeasily.hatenablog.com

 そして復活を遂げました。

moreeasily.hatenablog.com

 そんな苦労が報われたのか、GooglePlayStoreのインディー特集に掲載されるという快挙を成し遂げました!

play.google.com

苦労したけど、今となっては良い思い出です。データ飛んだ所は二度と経験したくないけどな

 

確かFlutterでアプリを作っていたはずなんですが、記憶をたどってもリリースされた記憶が出てこない・・・。そうだ、リリースしたアプリはQuintonだけだったんだ・・・。リリースしたのに存在を忘れれていたかわいそうなアプリはいなかったんだ・・・。

 

プログラミング

2018年は先述したFlutterに出会いました。

flutter.io

Flutterの説明は省きますが、HotReloadという、変更が直ぐに反映されるシステムや、Widgetという概念など、最初は懐いてくれなかったものが、段々自分の想像通りに動かせるという点と、ほぼ世界中の人達とよーいドンでFlutterに詳しくなるという経験が出来たのが嬉しかったです。

 

仕事

2018年の初頭はアルバイトでしたが、4月から社員として働かせていただく事になりました。そして10月の事務所移転を機に総務業務専任となりました。色々と覚える事、知らなくちゃいけない事、調べなきゃいけない事が多いですが、楽しくやらせて頂いていて、有り難い限りです。来年も、社長を始めとする従業員の方が気持ちよく仕事が出来るように手筈を整えられるよう、頑張りたいと思います。

 

資格

仕事に関連して、最初は社会保険労務士の資格を取ろうとしてました。しかし、範囲が広過ぎる事と、仕事に事足り過ぎてしまうという点から、社会保険労務士ではなく、まずは衛生管理者に狙いを修正して、資格と取ろうと思っています。社会保険労務士は衛生管理者を取得して、まだ必要そうだなと感じたら取れば良いと思っています。社会保険労務士は、試験を受けるなら2020年かな?

 

病気

2018年初頭は仕事を休んだりしてご迷惑をおかけしましたが、その頻度も段々と少なくなってきました。診察でも前向きな話が出来るようになってきましたし、結構状態は上向いているのではないかと思っております。これで薬が減れば良いんですけど、こればかりは慎重に取り組まなければならないので、とにかく体調を安定させて、それから減薬というプロセスを踏めるようにしたいですね。

 

交友関係

今年も沢山の方と出会い、良くしていただきました。ボウリングをやったり、酒を禁止されているのに飲みの席に顔を出したりと、イベントにも参加させていただきました。有り難い限りです。来年は自分から声を掛けられるようにしたいなぁ・・・。

 

あと友人が奥多摩でカフェを始めて、そこに訪問したりもしたねぇ。

moreeasily.hatenablog.com

 諸行無常(常に同じ物は無い)とはいうけど、色々なチャレンジをする方もいて、刺激になりました。自分がいきなり変化をするわけではないですが、徐々に面白く、変化していけたら良いなと思いました。

 

あとは彼女が出来れば良いんだけどねぇ。気になる人はいるのよ。でも、相手にも選ぶ権利があるから、こればっかりは自分の思った通りと言うわけにはいかないので、なるようにしかならないのが辛いねぇ。でも気長に待つよ!

 

2018年も終盤と言う頃に、実家を解散すると告げられました。というか、親父が70歳定年で今いる家を維持出来なくなるから、引っ越すという事です。くっついていくか、独立するかを選ばなければならないのですが、自分は独立しようかなと思っております。今の6畳間の部屋で兄と二人で使い、兄4.5畳+押し入れ、私1.5畳という配分にも限界が訪れているので、早急に取り組まなければならないですねぇ。おそらく2019年は10年ぶりの一人暮らし再開と言う事になるかもしれません。「自由だ!」というより、色々とどれくらい金が掛かってたっけという記憶を掘り起こす作業が必要かもしれません。10年前、一人暮らし、怒られまくり、うつ・・・うっ頭が・・・!!

 

さいごに

2018年も振り返ってみましたが、もうそろそろ終わりを迎えます。ゆっくり過ごしている人も、忙しくしている人も、2018年悔いなくお過ごし下さい。そして2019年も、魅了屋とあじゃをよろしくお願いいたします!!

 

2018年大変お世話になりました!!2019年もよろしくお願いいたします!!!

遠回りを糧にする

人生に近道は無い

 

と誰かが言ってたような言ってないような。

 

f:id:waspossible:20181117212637j:plain

 

人生は遠回りの連続。そんな気がする。でも、その遠回りが無駄にならなかったり、後で役に立ったりする。分からないもんだね。

 

今日はちょっとだけ遠回りしに来た。駅前にちょっと用事があった気がしたので、遠回りして行こう。奥多摩経由で

 

f:id:waspossible:20181117215059j:plain

 

f:id:waspossible:20181117212816j:plain

f:id:waspossible:20181117212840j:plain

f:id:waspossible:20181117212901j:plain

 

友達がやっているカフェをほんの思いつきで訪問してみた。

奥多摩にある「よりみち茶屋 とおまわり」というお店である。

渋滞が酷いと思ったが、そんなことはなくバス移動も快適だった。

 

f:id:waspossible:20181117213111j:plain

f:id:waspossible:20181117213001j:plain

 

奥多摩湖に面したバス停を降りたすぐ向かいにある。

落ち着いた雰囲気、心地よいBGM、時々車やバイクの走る音。

 

f:id:waspossible:20181117213221j:plain

f:id:waspossible:20181117213411j:plain

f:id:waspossible:20181117213448j:plain

f:id:waspossible:20181117213504j:plain

 

晴れた日には日向ぼっこ席、くつろぎたいときはソファー席、集中したいときは部屋の奥にあるテーブル席。ちょっとこうしたい、ああしたいという気分で席が選べる。どこに座ろうか迷うのも、メニューを見て迷うのも、思考のちょっとした遠回り。

 

f:id:waspossible:20181117213534j:plain

 

何も考えず、座っている。ただ何もしないというのは、「脳を休めるため」という目的がある。実はそうじゃなく、いつも求められている直線的に思考を巡らせて結論や答えを出すということをせず、あえて思考を遠回りさせる時間を脳は与えているのかもしれない。

 

f:id:waspossible:20181117213642j:plain

f:id:waspossible:20181117213652j:plain

 

くるくる回る換気扇、風になびくのぼり、時計の秒針の動き、ボーッと見て、感じて、思考の遠回りのための空間をいま、味わっている。

 

f:id:waspossible:20181117213720j:plain

f:id:waspossible:20181117213739j:plain

f:id:waspossible:20181117213759j:plain

f:id:waspossible:20181117213911j:plain

 

日が陰り感じる冷気、つけてもらったストーブの熱気、暖かいのか寒いのかどちらなのか、結論を出さず、混ざる空気と燃える木が出す音に包まれながら、コーヒーを飲んで出す結論は「ちょうどよい」。すぐには結論を出さないのも思考の遠回り。

 

f:id:waspossible:20181117214142j:plain

f:id:waspossible:20181117214202j:plain

 

 

f:id:waspossible:20181117214112j:plain

f:id:waspossible:20181117214244j:plain

f:id:waspossible:20181117214303j:plain

f:id:waspossible:20181117214328j:plain

f:id:waspossible:20181117214454j:plain

 

人生に近道はない

 

でもそれが無駄になることはないから、分かっているから、たまには遠回りをしてみても良いと思っている。

 

f:id:waspossible:20181117214944j:plain

 

遠回り 生きてくなかで 取り入れる 無駄ではなく糧 活きる寄り道

 

よりみち茶屋 とおまわり

Webサイト

toomawari.com

Twitter

twitter.com

facebook

www.facebook.com